カタコトのアイラブユー

この気持ちをあなたに歌い続けるわ

神田莉緒香「ACCELERATOR」を聴いた

死ぬ

 

初っ端からこんな縁起でもないこと言って申し訳ないけどこれは無理。聴いてから即ブログ立ち上げて書いてる。しんどい。

 

こんなデビュー作が存在していいのか。すごい。神田莉緒香ってすごい。

いや私が知ってる神田莉緒香って言っちゃ悪いけどこんなにすごくなかったと思うんだよな。ジャニーズに浮気してる間に(普段から皆さんに本気です!)とんでもないことになっていたのかもしれない、神田莉緒香。加速についていけてない。

泣いてる。メジャーレーベル移籍が決まった時も、MVが公開された時も、インタビューが公開された時も、届いた時も、聴いてる最中も、今も、もうずっと泣いてる。

 

 

 

どの曲も素晴らしくて何から言っていいのかわからないけど、というか私が説明するくらいならもっとちゃんと書いた人SNSにわんさかいるから検索してほしいし、でもとりあえず伝えたいのはとりあえず2曲目「FULL-DRIVE」。

 

私が神田莉緒香を好きになったのって3年前の夏で、当時神田さんは22歳。後から思えば一番勢いがなかった…というか、後ろ向きに見えた(私が!私の目にはな!ごめん!石投げないで!)。それから3年今となってはもうそんな雰囲気微塵も感じさせないほど加速しているわけだけれども。

当時応援歌としていい感じのタイミングに毎回歌っていた「×」という曲がある。私、この曲が、どうしても好きになれなかった。多分今も。嫌いじゃないし、神田さんのことを考えると、歌うななんて思った事は全くなかったんだけど。私は好きな人たちが悲しんでるのがとっても辛いから、そんなこと言わないでよ、笑ってくれよって思ってしまう。ごめん。ずっと心の中でもやっとしながら聴いてた。

 

だったのに。

それから3年経ち、「I sing」が世に出て「見上げた君に願うこと」が常連曲になって「FULL-DRIVE」がメジャーデビュー作品に収録された今、神田莉緒香の凄さに身体が悲鳴を上げてる。

何これ。まって。すごい。(語彙の喪失)

 

3年前、「いっそやめちゃおうかな」なんて歌詞を書いていた彼女が、

今、「終わらせるにはまだ早いよ」と言っている。

3年前、「×ばっかりの自分に今日は小さな⚪︎をあげよう」と歌っていた、今日を見ていた彼女が、

今、「目指す場所は走りながら決めようよ」「終わることのない夢を見に行こう」と未来を見て歌う。

 

 

事の重大性に皆気づいて。とんでもない。とんでもないことだぞこれ。すごいぞ。神田莉緒香、3年でものすごいことになってるぞ。

はあ、浮気なんてしなきゃよかった。(認めた)(いやみんな本気だよ本当だよ)

 

これが今の私の心境です!とか本人が言ってるわけじゃないし、それを求めてるわけじゃないんだ。歌詞が彼女の全てを表しているなんて言ってない。心の中で何を考えているなんて彼女にしか分からないと思う。それはそれでいい。寧ろそれがいい。

でも、3年前私はこの人のこんな姿を、こんな曲が世に出回ることを、想像してなかったから。いい意味で!よすぎる意味でな!

あーーーーー神田莉緒香超かっこいいです!!!!!知るなら今だよ!!!!!知っとかないと知らないよ*1!!!!!

 

 

 

 

疲れた。短いけど伝わってくれ。もうしばらく聴けませんACCELERATOR。寝かせます。ちなみに個人的に一番好きだなって思ったのは希望的観測です。でも最後のどんでん返しと莉緒香さんの成長を思うと断トツでFULL-DRIVE。強い。強すぎる。

あと(一応)インディーズラストの作品が「大きくて小さい世界」なの激アツじゃないですか?すごい。すごいです。

 


神田莉緒香 「ACCELERATOR」 ダイジェスト


[MV] MOONSHOT 神田莉緒香 short ver.


[LIVE MOVIE] 神田莉緒香「大きくて小さい世界」「炭酸ペットボトル」

*1:Hey!Say!JUMPカレンダー